ウォーターサーバー ボトルなし

ウォーターサーバーの「ボトルなし」って本当にあるの?

ウォーターサーバーって便利ですけど、

 

 

ボトルがあると意外と面倒なこと多いですよね。

 

 

 

ボトルがむちゃくちゃ重い!

 

 

 

毎月かかる水代が高い!

 

 

 

 

この2つが結構キツイんですよね。。。

 

 

 

 

ボトルによっては重さが12キロのものもあって、

 

 

水が無くなって新しいボトルに交換するときに、

 

 

やたら体力を使うからすごくしんどくて。

 

 

 

 

それに

 

 

結構かさばるから家の中のスペースも取るし、

 

 

毎月ボトルを受け取るために

 

 

わざわざ家にいなければならなかったり。

 

 

 

ボトルも注文数が増えれば増えるほど

 

 

どんどん値段も上がっちゃうんですよね。。。

 

 

 

 

 

もしかしてウォーターサーバーのボトルなしってあるの?

 

 

ウォーターサーバーがボトルなしだったらどんなに楽になることか・・・。

 

 

 

 

 

安心してください

 

 

 

実はちゃんとあるんです。

 

 

 

ウォーターサーバーのボトルなしって存在してるんです。

ウォーターサーバーがボトルなしでいい理由とは!?

ウォーターサーバーのボトルなしって

 

 

聞いたことが無いという人も多いと思うんですけど、

 

 

意外と普及し始めているんですよね。

 

 

 

例えば、

 

 

クールクー

 

 

楽水ウォーターサーバー

 

 

Simbi

 

 

プレミアムラピアS2

 

 

水の杜クリアスリムRO

 

 

 

これ全部ウォーターサーバーのボトルなしのレンタルサーバーなんです

 

 

 

「ウォーターサーバーのボトルなしって

 

 

どういう作りになってるんだろう??

 

 

ボトルなしなのに一体どうやって水を出すの?」

 

 

 

と気になると思いますので、

 

 

 

ウォーターサーバーがボトルなしで水を運んでくれる理由を説明していきます。

 

 

 

 

ウォーターサーバーがボトルなしで動く3つの特徴

 

 

水道直結型なのでボトルなしでも水をいくらでも使える。

 

ウォーターサーバーがボトルなしで動く理由のひとつに、水道に直結するタイプがあります

 

 

これは

 

水道直結型といって、

 

 

自宅にある水道管とウォーターサーバーを繋ぎ、

 

 

水道水を使って水を出す仕組みになってるんです。

 

 

 

 

水道直結型だから、

 

 

そもそもボトルがあることによる悩みが

 

 

 

存在してないんですよね。

 

 

 

ボトル代なんて気にせず使い放題だし、

 

 

ボトルを交換する作業なんてものも無いし、

 

 

煩わしいボトルの受け取り対応もありません。

 

 

 

濾過システムが内蔵されている

 

 

 

 

ウォーターサーバーがボトルなしで動く理由その2は「roろ過システムを搭載」

 

 

 

 

水道直結型といっても、

 

 

水道水をそのまま直接飲むわけではありません。

 

 

 

カルキ臭が残る水道水をそのまま飲めても

 

 

あまりうれしくないですよね。

 

 

 

 

そのため、

 

 

 

 

 

水道水でもおいしく飲めるように、

 

 

濾過システムが内蔵されています。

 

 

 

この濾過システムで

 

 

水道水を飲む前に不純物を

 

 

綺麗に取り除いてくれるんですね。

 

 

 

定期メンテナンスサービスがある

 

 

 

ウォーターサーバーがボトルなしで動く理由その3「無料有人定期メンテナンスつき」

 

 

 

濾過システムも使っているうちに

 

 

徐々にフィルターが目詰まりしていきます。

 

 

 

そのため、

 

 

ボトルなしのウォーターサーバーには

 

 

必ず有人のメンテナンスサービスがついてきます。

 

 

 

ウォーターサーバーのお手入れもしてくれるし、

 

 

定期的にフィルターを交換してくれるから

 

 

何年もおいしい水を飲み続けることができるんです。

ウォーターサーバーのボトルなし選手権!!

このように、

 

 

ウォーターサーバーがボトルなしで動く理由は次の3つ

 

 

 

【水道直結型である】

 

 

 

【濾過システムが内蔵されている】

 

 

 

【定期メンテナンスサービスがある】

 

 

 

この素晴らしいシステムがウォーターサーバーをボトルなしにしてくれているんです

 

 

 

 

 

ただ、それでも

 

 

「ウォーターサーバーがボトルなしで動くの特徴は分かったけど、

 

 

 

じゃあ結局どこのウォーターサーバーがいいの?」

 

 

 

と思いますよね。

 

 

 

 

そこで、

 

 

それぞれのボトルなしのウォーターサーバーの違いを

 

 

簡単にまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

ウォーターサーバーのボトルなしタイプの中では

 

 

クールクーが1番です。

 

 

 

クールクーがウォーターサーバーのボトルなしタイプの中で1番と言える3つの理由

 

水が綺麗

 

ウォーターサーバーのボトルなしタイプでは

 

 

内蔵されている濾過システムによって

 

 

水の綺麗さが変わってきます。

 

 

 

 

その中でも

 

 

 

RO膜で濾過された水が1番綺麗なんです。

 

 

 

放射性物質すら除去するほど強力ですからね。

 

 

 

 

 

この中でRO濾過できるのは

 

 

【クールクー】【プレミアムラピアS2】【水の杜クリアスリムRO】になります。

 

 

 

料金が安い

 

ウォーターサーバーのボトルなしタイプでは

 

 

ボトルを注文しなくて済みますが、

 

 

その分毎月のサーバーレンタル料がかかります。
(買い取りタイプも有り)

 

 

 

じゃあどこが1番安く使えるのか?というと、

 

 

【クールクー】【水の杜クリアスリムRO】

 

 

 

毎月かかる費用が4536円

 

 

 

1番安く使うことができます。

 

 

 

 

やっぱりどうせ使うんだったら、

 

 

 

安い値段で使いたいですよね。

 

 

>クールクー公式サイト
↓↓

 

 

 

水の杜クリアスリムRO公式サイト
↓↓

 

 

導入がスムーズ

 

 

水の綺麗さと値段では

 

 

クールクーと水の杜クリアスリムが良いことがわかりました。

 

 

この2つには機能面では実質差がありません

 

 

 

じゃあどこが違うのか?

 

 

 

この2つはとても似てますが、

 

 

最大の違いがあります。

 

 

 

それは対応地域です。

 

 

 

水の杜クリアスリムROは

 

 

九州をメインに、関東や関西の一部など、

 

 

設置できる対応地域が限られてるんです。

 

 

 

対応地域外だと、

 

 

せっかく導入したくなって連絡しても

 

 

断られてしまうんですよね。。。

 

 

 

 

でも

 

 

クールクーのほうは一部地域や離島などを除き

 

 

全国対応しています。

 

 

 

断られる地域がほとんどないため、

 

 

クールクーのほうがよりスムーズに

 

 

ウォーターサーバーボトルなしタイプの利用を

 

 

始めることができるんですね。

 

 

 

このように、

 

 

ウォーターサーバーのボトルなしタイプの中では

 

 

水が綺麗で料金も安く、

 

 

全国どこでも利用を始められるクールクーが1番です。